2018年 7月例会案内
立山連峰縦走
浄土山2831m・雄山3003m・大汝山3015m・富士ノ折立
2990m・真砂岳2861m・別山2880m 立山連峰フルコース。

期  日  7月30日(月)から8月1日(水)

集  合  7月30日香登星合午前6時 伊部6時05分 片上

コース   30日(月)午前6時備前発 →→室道ターミナル→→ホテル雷鳥荘 泊
       31日(火) 室道→(浄土山)→ノ越→雄山→大汝山→富士ノ折立→真砂岳→(別山)→剣御前小屋 泊
       1日  剣御前小屋→室道平入浴→備前帰着 19時頃。


       30日はAソフトコースを設定、浄土山に登らず、一ノ越へ行くコースもある。雄山山頂で合流する。
       別山もスルーと登頂に分かれてもよい。


歩 程      Aソフトコースは実歩5時間10分 Bフルコースは実歩6時間20分の実歩で適量の縦走だ。ゆっくり楽しもう。
最少催行人数 15名早めに申し込みをお願いします

浄土山から望む立山は、台形状のどっしりした姿で聳え立ち、右端のピークが雄山、その左中央少し突きだしたピークが、最高峰の大汝山、そして左端のピークが富士のノ折立で、この三山を総称して立山と言う。又立山三山とは浄土山、雄山、別山を指す。浄土山をカットする立山縦走が一般的です。立山三座縦走は立山全山縦走となる。

登山進行方向の左側は室堂平、雷鳥平が箱庭のように見え、その広さに驚かされる。右側は針ノ木岳、爺ヶ岳、鹿島槍、五竜、唐松と後立山連峰が目前に連なり、常に360度の大展望を欲しいままに、胸のすく縦走を行う。アップダウンもほとんど無く、鎖、梯子も無い。初日の宿の室堂では温泉ホテルに泊まる。ゆっくり温泉に浸かって癒されよう。私は、立山はもう行かないだろう思っていたが・・。
7回目の立
山縦走となる。いよいよこれが最後の立山になるだろう。しかし何度来ても、この山は素晴らしい、穂高と共に色々と思い出の多い山だ。


  右雄山から大汝山、富士ノ折立            


初日泊まるホテル雷鳥荘   



   

inserted by FC2 system